• 健保のご案内
  • もっと知りたい健康保険
  • こんなときは?
  • 疾病予防事業
  • お役立ちLINK

トップページ > 疾病予防事業 > オプション検査について

オプション検査について

イーウェルおよびけんぽ共同健診が提供する各健診コースのオプション検査設定有無について以下の表をご確認下さい。

  ○:オプション設定あり  ×:オプション設定なし ☆オプション設定していない健診施設あり(予約時に要確認)
  含:健診コースに標準で含まれている
  婦人科検診 消化器検診 超音波検査 前立腺がん
検査
肺がん
検査

























H
P
V



4





便





P
S
A


C
T



資格年齢 25歳以上 30歳以上 - 35歳以上 40歳以上
健保補助金額 11,550円
(税込)
17,600円
(税込)
なし
(全額
自己負担)
1,100円
(税込)
4,400円
(税込)
人間ドック ※1 ※1 ※1 含※2 含※3
生活習慣病健診 ※1 ※1 ※1 含※2






一般健診 施設型 ※1 ※1 ※1
巡回型 × × × × ×
特定健診 施設型 ※1 ※1 ※1
巡回型 × × × × ×

※1:イーウェル及びけんぽ共同健診のオプションには設定されていませんが、「婦人科検診」の健保補助対象項目に含まれます。
受診希望の際には下記『乳房触診/子宮体部細胞診/HPV検査』(婦人科検診健保補助対象)受診にあたり』を確認願います。

※2:胃部検査について、標準が「胃部内視鏡」に設定されている健診施設もあります。胃部X線→胃部内視鏡への変更について、健診施設に変更可能か確認した上、可能であれば、差額自己負担により変更できます。

※3:人間ドックにおいて、腹部超音波検査が標準検査項目として含まれていない健診施設もあります。

※4:平成30年度からの追加

※2,3の確認方法としては予約時に健診施設に問い合わせるか、『KENPOS』(イーウェルWEBサイト)でも各健診施設の検査項目を確認できます。

健保連集合契約による、『特定健診』については上記オプション設定はありません。
※“婦人科検診”、“消化器検診”、”前立腺がん検査”、”肺がん検査”については単独受診にて受診も可能(『がん検診(単独受診)補助について』の頁参照

『乳房触診/子宮体部細胞診/HPV検査』(婦人科検診健保補助対象)受診にあたり』

人間ドック、生活習慣病健診及びけんぽ共同健診(施設型)にて「乳房触診」「子宮体部細胞診」「HPV検査」は健保の補助対象項目ですが、健診コースのオプション項目としては設定されていません。
受診希望の方は、予約時に健診機関に受診可能か確認の上、可能であれば、予約をしてください。
但し、検査費用については一旦全額自己負担となり、後日、健保へ補助金申請する形になります。
※その他に受診された婦人科検診の検査費用を合算し、健保補助限度額(11,550円)までは健保が負担します。
以下の例を参考にしてください。

注:実際の検査費用は健診施設により異なります

※補足1 【人間ドック・生活習慣病健診及びけんぽ共同健診(施設型)婦人科検診オプション設定項目:下記4項目】
『マンモグラフィ』 『乳房エコー』 『子宮頚部細胞診』 『骨密度検査』

※補足2 人間ドック・生活習慣病健診及びけんぽ共同健診(施設型)に設定されているオプション検査項目は、予約の際に、健診施設に受診する旨を伝え、イーウェルに受診券発行依頼時に申請していれば、自動計算され、健保補助上限金額を超過した金額のみ窓口で支払う様になっています。 けんぽ共同健診(巡回型)については健診機関への事前予約はありませんので、申込の際に申請すれば自動計算されます。

(例1)以下3項目をオプションで受診した場合
@マンモグラフィ
(検査費用:5,000円)
イーウェルオプション設定項目
合計金額(8,500円)が健保補助限度額内のため、窓口での支払いは発生しない。
3項目合計金額(10,000円)が健保補助限度額(11,550円)内の為、
全額負担したBの検査費用(1,500円)を補助申請すれば、全額返金されます。
A子宮頚部細胞診
(検査費用:3,500円)
B乳房触診
(検査費用:1,500円)
全額窓口で支払う
(例2)以下4項目をオプションで受診した場合
@マンモグラフィ
(検査費用:5,000円)
イーウェルオプション設定項目
合計金額(9,500円)が健保補助限度額内のため、窓口での支払いは発生しない。
4項目合計金額(13,500円)が健保補助限度額(11,550円)を超過(1,950円オーバー)しているため、
全額負担したCの検査費用(4,000円)を補助申請すれば、超過分(1,950円)を除いた金額(2,050円)が返金されます。
A乳房エコー
(検査費用:3,000円)
B子宮頚部細胞診
(検査費用:1,500円)
C子宮体部細胞診
 (検査費用:4,000円)
全額窓口で支払う
(例3)以下5項目をオプションで受診した場合
@マンモグラフィ
(検査費用:5,000円)
イーウェルオプション設定項目
合計金額(12,000円)が健保補助限度額を超過しているため、超過分(450円)を窓口でお支払い
@〜Cの検査費用合計で既に健保補助限度額を超過しているため、全額負担したDの検査費用(4,000円)を補助申請していただいても、返金はありません。
A乳房エコー
(検査費用:3,000円)
B子宮頚部細胞診
(検査費用:1,500円)
C骨密度検査 (検査費用:2,500円)
D子宮体部細胞診
 (検査費用:4,000円)
全額窓口で支払う

>>ページトップへ