高額な外来診療時の限度額適用認定証について

2012/03/28

高額な外来診療を受ける皆さまへ

 

平成24年4月1日から外来診療等でも「限度額適用認定証」を提示すれば、窓口での支払いが軽減されます。

 

これまでの高額療養費制度の仕組みでは、入院される方についてのみ「限度額適用認定証」を提示すれば、医療機関での窓口で支払う自己負担額を軽減することが出来ました。

 

平成24年4月1日からは従来の入院療養費に加え、外来診療

  • 調剤薬局等についても同一医療機関での同一月の窓口負担が高額療養費の自己負担限度額を超える場合は「限度額適用認定証」を提示することにより、自己負担限度額を超える分を窓口で支払う必要がなくなりました。

 

高額な外来診療を受ける方は、事前に健保へご相談ください。

 

自己負担の上限額は下記のとおりです。
 

    一ヶ月の自己負担上限額
上位所得者(標準報酬月額 53万円以上) 150,000円+(医療費-500,000円)×1%
一般所得者(標準報酬月額 53万円未満) 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

 

問い合わせ先:JVCケンウッド健康保険組合 新井 
          外線:042-646-5244
          内線:8-31-22415

閉じる