短時間労働者の社会保険の適用拡大について

2016/09/23

 パートタイマー・アルバイトなど、常時雇用者より少ない時間・日数で勤務する方(短時間労働者)の健康保険・厚生年金保険の加入要件が、平成28年10月から、従業員501名以上の企業について、これまでより拡大(適用拡大)されます。ご家族がパートタイマー等で勤務されている場合には、適用拡大に該当する可能性がありますのでご確認ください。
  

 
1.平成28年10月からの短時間労働者の適用要件
 
  次の表の(1)~(6)のすべてに該当する方が、適用拡大の対象となり、健康保険・厚生年金保険にご自身で被保険者(本人)として加入することとなります。
  該当しそうな場合にはパート先(勤め先)に確認することをお勧めします。

 

【適用要件】
(1)  週の所定労働時間が20時間以上 
  残業時間は含めない。
  あらかじめ働くことが就労規則や雇用契約書等で決まっている労働時間のこと。
(2)  賃金の月額が8.8万円(年収106万円)以上であること 
  賞与、残業代、通勤手当などは含めない。
  あらかじめ決まっている賃金(所定内賃金)のこと。
(3)  雇用期間が1年以上見込まれること (更新の可能性がある方も含む)
(4)  健康保険は75歳未満であること、厚生年金保険は70歳未満であること
(5)  学生でないこと (夜間、定時制の方は除きます)
(6)  勤め先の会社の従業員数(正社員など)は501名以上 
  正社員の方など、すでに社会保険の対象となっている従業員の数。
  (ご不明な場合は勤め先の会社にお尋ねください)

  
    より詳しい内容については厚生労働省ホームページをご参照ください。
    (適用要件のほか、社会保険に加入するメリット等についても説明があります)
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/
 
 
2.現在当健保の被扶養者(家族)になっている方が今回の適用拡大の対象となった場合

 

 現在、当健保の被扶養者(家族)になっている方が、今回の適用拡大の対象となり勤め先の健康保険に被保険者(本人)として加入することとなった場合には、当健保の被扶養者(家族)の資格は失います。

  (健康保険の被扶養者(家族)かどうかを判断する基準の1つである年収130万円未満については変わりませんが、年収が130万円未満であっても勤め先の健康保険の資格のほうが優先します)

  
 ご家族が該当した場合には被扶養者から外す手続きをお忘れなくお願いします。
 自動的には手続きされません。「被扶養者(異動)届」(用紙B-5)とご家族の保険証を提出してください。
 提出先は会社の人事部門です。(任意継続被保険者の方は健保へ直接提出)

 

 ※「被扶養者(異動)届」(用紙B-5)は「申請書一覧」よりダウンロードいただけます。

 


 
--------------------------------------------
  問い合わせ先
  JVCケンウッド健康保険組合 田川/佐々木
  外線:042-646-5244 内線 831-22413

閉じる