国や自治体(都道府県や市区町村)から医療助成を受けている方へ

2017/04/03

 当健康保険組合では、医療機関等に受診した際に窓口で支払う自己負担額が高額になり、一定額を超えた場合、高額療養費及び付加給付金を自動計算で人事を経由して支給しています。

 
 一方で、国や自治体(都道府県や各市区町村)では、結核や難病等の方、子どもや障害者、ひとり親家庭等の特定の対象者に対し、自己負担分を公費で助成する「公費負担医療費助成制度」があります

 
 公費による医療費助成を受けている方に対して健保からも高額療養費及び付加給付金を支給することは「重複支給」となってしまうため、公費による医療費助成を受けている方は健保からの支給の対象外となります

 
 しかし公費による医療助成は内容が様々なため、健保ではすべて掌握することができません。つきましては、「公費負担医療費助成制度該当届 (新規・変更・終了)」を新設しましたので、公費負担医療助成を受けている場合は必ず当健健康保険組合へ届出ください
 

 

  詳細はこちらをクリック

  ↓ ↓ ↓

  「国や自治体(都道府県や市区町村)から医療助成を受けている方へ」(PDF:265KB)

 

 

※6歳未満の未就学児は届出不要です
 お子さんに対する医療費助成は自治体によって対象年齢がさまざまですが、0才~6才未満の未就学児は、各自治体ともに医療費助成が実施されているため、当健保では自動的に給付金を停止しています。よって6歳未満の未就学児は届出は不要です。

 

 6才以降は、子ども医療費助成の対象年齢を拡大している自治体もあるため、医療助成該当者の情報を確認する必要がありますので、届出をお願いします。

 

 

--------------------------------------
問い合わせ先:
JVCケンウッド健康保険組合 新井
TEL 042-646-5244 (内線)831-22418

閉じる